覚書の雛形や覚書の書式ですが、まず覚書書き方の前に覚書とは何かどのような場合に必要か!例文や文例ですが、回収業務・印紙,収入印紙,契約書,ンプレート,文例,フォーマット社名変更,駐車場賃貸借契約,契約書,資源回収など用途は様々ですのでその情報です。

覚書雛形 書き方

SponsoredLink
SponsoredLink
[ 覚書雛形,覚書書式,覚書書き方,覚書とは,回収業務覚書,覚書印紙,覚書収入印紙社会福祉事業施設に対する覚書 > 社会福祉事業施設に対する覚書 ]

社会福祉事業施設に対する覚書

< 社会福祉事業施設に対する覚書の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス
社会福祉事業施設に対する貸付けに係る覚書の例文です。

今までに実際にあった覚書を参考にしています。皆様も是非参考にしてください。

独立行政法人○○○○○○(以下「甲」という。)と●●●●【金融機関名】(以下「乙」という。)は、
甲の実施する福祉医療貸付事業の貸付けの相手方(以下「借入希望者」という。)
が実施する社会福祉事業施設の整備事業に関し、借入希望者の承諾のもと甲の貸付
けと併せて乙が貸付けを検討する場合の事務処理に関し、次のとおり覚書を締結する。

第1条 この覚書の対象となる整備事業は、社会福祉法人が行う社会福祉事業施設及び
当該施設に併せて整備される施設の整備事業とする。

第2条 甲及び乙は、借入希望者に対し甲の貸付けと併せて乙が貸付けを検討する場合
の事務処理に関して事前に借入希望者の承諾を得るものとする。

第3条 甲は、第1条に定める施設の整備事業(以下「当該整備事業」という。)に対
して乙が貸付けの審査を予定しているときは、乙に対し甲の保有する審査に必要な計
数及び資料を提供するものとする。

第4条 甲は、乙から借入希望者及び当該整備事業に関して意見を求められたときは、
借入希望者に対する守秘義務に反せずかつ甲の審査に支障を及ぼさない範囲で協力
するものとする。

第5条 乙は、甲から当該整備事業に係る借入申込みの状況及び敷地等担保物件の時価
に関して照会を受けたときは、借入希望者に対する守秘義務に反せずかつ乙の審査に
支障を及ぼさない範囲で協力するものとする。
SponsoredLink
< 社会福祉事業施設に対する覚書の記事の続きはココから >
< 社会福祉事業施設に対する覚書の記事はココまで >
新着記事

Favorite Link

Categories
| カテゴリ : 社会福祉事業施設に対する覚書 | 2010.05.07 Friday | - | trackbacks(0) |
<< 覚書書英文例文 | 契約書覚書,覚書テンプレート,印紙税覚書,覚書文例,覚書フォーマット | 覚書雛形例文 >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
覚書の雛形や書き方
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Author's Profile
現在表示記事
SponsoredLink
関連キーワード

覚書雛形,覚書書式,覚書書き方,覚書とは,回収業務覚書,覚書印紙,覚書収入印紙,契約書覚書,覚書テンプレート,印紙税覚書,覚書文例,覚書フォーマット